アライグマ駆除は専門業者が解決│自分では難しい捕獲

ウーマン

ハチの被害を防止

スズメバチ

危険を回避

最近、どちらかというと山林に住むことの多いスズメバチに比べ、キイロスズメバチは都市部に隣接した民家にも適応して、その数を増やしている、といわれています。実際、ハチに関する被害でも必ず登場してくるのがキイロスズメバチで、高い攻撃性を備えていることでも、有名なのです。巣がそれほど大きくなく、攻撃性も少ない夏場に駆除をすることができれば、大事にならずに済みますが、秋も深まり、餌の少なくなった時期は危険です。次の年の女王蜂を育てている時期とも重なり、巣に近づく敵には容赦なく襲い掛かってくるわけです。そのため、キイロスズメバチを駆除する際には、刺されないようにするための防具を用意するなど、しっかりとした駆除準備をしてから臨む必要があります。

いつでも対応してくれます

このようなキイロスズメバチの巣を除去する際には、活性の低くなっている夜間に行うことが効果的です。昼間と違い、すぐに襲ってくることも少なく、何が起こっているのか、把握する力も落ちています。しかし、そんなときでも、一度、興奮状態になると、手が付けられなくなる場合があり、注意するに越したことはありません。また、家のすぐ近くに巣を作っているにもかかわらず、大きな巣になるまで、その存在に気が付かない場合もあります。そういった時には、時期を選んでいる暇はなく、すぐに対処する必要があります。そういった時には、素人考えで駆除しようとはせず、防具、殺虫剤などあらゆる手段を持っている専門の駆除業者に声をかけて対応してもらうことです。